Blog

古くは奈良時代まで遡る?おしぼりの歴史と現在

おしぼりの歴史はいつ頃から?

飲食店では必ずと言って良い程サービスして貰えるおしぼり。このおしぼりは、奈良時代から平安時代の間には既にあったと考えられています。その当時には勿論「おしぼり」の言葉は存在していませんでしたが、公達が屋敷に客人を招いた時に提供していた濡れた布が、前身となっています。室町から江戸時代に入ると、宿場町の旅籠では、宿の入り口付近に濡れた布と桶を用意し、訪れた客が足を拭う事に使用されていました。足を拭う際、布を絞った事から「しぼり」となり「おしぼり」に変化したと考えられています。

紙派?タオル派?おしぼりは必要?

昔は殆どがタオル製で、丸めて提供されいてたおしぼりですが、紙タイプのおしぼりもメジャーとなっています。ファーストフード店を除けば、殆どの飲食店でお冷と共に最初にテーブルへ並びます。手軽な紙タイプが好きな人もいれば、温かいタオルでほっこりと一息つきたい人などもいます。年配男性などは顔を拭く場合もあるので、タオル派が多いようです。どちらの派にせよ、お店でおしぼりは必須、と考える人が多く、日本の文化としてしっかり根付いていますね。

企業にまで発展したおしぼり

昔からある文化ですが、現在の形式で普及したのは戦後になってからです。店が自前でタオルを洗濯し、時には温め、クルッと丸めて出していました。しかし、貧しい時代から徐々に抜け出し始めると同時に、来客数も増えるようになってくると、おしぼりにまで手が回らなくなります。そこで登場したのが、貸しおしぼり。これも最初は、家族経営ような形で自宅で洗濯していましたが、飲食店の大型化と共に、きちんとしたビジネスとして、おしぼりのレンタル業が誕生したのです。

タオルウォーマーとは、お店などで使用するおしぼりやタオルを温めて保管しておく物をいいます。温かいタオルをいつでも使えるので便利な製品です。